2012年9月 4日 (火)

人は死ぬために生きている

ただそれだけのこと

undefined

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

時間旅行♪

2012年の金環食まで待ってるから♪

って、ドリカムの歌が頭の中をよぎるなか、今朝の一時を楽しみました

今朝の天気は曇りの予報でしたが、雲の合間で、上手く見ることが出来ました

ちょうど隠れた時は、気温が1℃下がったとか

色々と理屈では解っていても、実際に見たり感じたりすると…

自然の偉大さには、感服です

皆さんの地域では、如何でしたか?

日食のある年は、色々な意味で変化がある年だそうです

どうか、皆さんに良い変化がありますように

undefined undefined undefined undefined

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

スタンダードに街歩き

スタバにて20111108_082
フレンチトーストとエスプレッソを食し
夜とは違った
昼のパリを散策する

マドレーヌ教会の最後の審判
ヴァンドーム広場のナポレオン
オペラガルニエ

早足で街を歩く20111108_013_2

パリ市庁舎

ノートルダム寺院
サントシャペル
コンシェルジュエリー

ステンドグラスの20111108_041
一枚一枚に描かれるストーリーを鑑賞し
異次元の世界に引き込まれる

欧州の教会は
ほんと飽きない
重く静かな空間の
どこか深い世界に落ちていくよう

あっというまに過ぎていく時間 20111108_030_3

気が付くと・・・
ルーブル美術館にたどり着いたものの
中に入ることはできなかった

ルーブル美術館は
またの機会に。。。

20111108_074_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

芸術の都

セーヌ川沿いを一人歩く111108_014301_2
ParisienもParisienneも誰一人気にしない
人目が気にならずに
のんびり過ごせる至福のひと時

何を目的とするわけでもなく
木の枝ひとつにさえ
心を囚われる
あてどない旅

エッフェル塔は
色を変えながら
河面を彩る
まるで手招きするように・・・

コンコルド広場から20111107_018
シャンゼリゼ通りを抜け
凱旋門へとたどり着く

ローマの凱旋門とは趣が異なる
幾度かの戦争
ナポレオン
ヒトラー
・・・etc20111107_023
浅はかだけれど
そんな歴史を感じるせいかしら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

台湾の地!?

タピオカミルク(約90円)を飲みながら街を歩く
気が向いたら屋台でラーメン(約150円)を食べる

さすがにローカルな街では、日本語も英語も通じない

部屋に帰りTVをつけると
少女時代が歌っている

聞きなれた音楽・・・
聞きなれた言葉・・・
ん?言葉?
って、日本語じゃん!
131
132
133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

可雨必思水語

かうひっう~

ん~意味はない当て字かな?
121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

台湾の地?

いたるとこで日本語見かけるし111
日本のコンビニも
日本のチェーン店のレストランもいっぱいだし
回転寿司もあるし
全然、違和感を感じない


歴史的にも
日本に友好的みたい112

でも
百円均一のダイソーが
TWD39って約120円
高いじゃん
しかもワンコインじゃないし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

台湾の地にて

台湾の11月は・・・月の半分は雨だそうで101
本日もあいにくの雨
土砂降りではなく、シトシトと梅雨みたいな雨

公園に咲く胡蝶蘭も雨がお似合い

こんな雨の中
大勢の人たちがお参りを行っていた
関羽を奉る行天宮

家庭料理は一般的じゃない台湾らしく102
雨でも夜市は賑わう

明日も雨かなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

9日目

何事にも裏と表があるように・・・91

砂漠という砂の世界もありながら
アラビア海、紅海という海の世界も持ち合わす
(紅海は青かったw)

黒いアバヤに身を包む女性も
その下には
派手で艶っぽい下着を身に着ける

目に映るものが92
本質とは限らないこの世界
正しい眼を持ち
歩んでいこう

本当の自分を見つけるためにも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

8日目

過酷な土地を渡り81
ようやく街にたどり着く

ここは近代的な建物が並ぶ世界

ここが何処なのかさえ見失う位
煌びやかな世界

違和感さえ感じる世界82

文明の進化と共に
なにか大切なものを失っている気がする

人は何を求めて生きるのだろう

砂漠の中にいるよりも
むしろ、ココロの渇きを覚えてしまう



サウジシャンパンを嗜みながら…83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«7日目